レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【入浴がもたらす3つの作用】リラックス効果を高める入浴法とは?

一日動いた疲れが溜まる夜。
翌日に備えて、その日の疲れはその日のうちに取りたいところですよね。

夜リラックスするのに一番いい方法は、お風呂に入ること
シャワーだけで済ませず、ぜひ湯舟に浸かってみてください。

とはいえ、お湯を溜めて「とりあえず入るだけではダメなんです
温度や入り方によって、逆に神経が活発になってしまうことも。
今回は、入浴が身体にもたらす3つの効果と、リラックスタイムにおススメの入浴方法をお伝えします♪


入浴がもたらす3つの効果

①温熱効果

私たちの身体の機能をコントロールしている、自律神経。
自律神経には、交感神経副交感神経の2種類があり、交感神経は動的、副交感神経は静的な役割を持っています。
温度の高いお湯(42℃以上)は、交感神経を優位にさせ、脳や身体が興奮状態になります。
一方温度の低いお湯(38~40℃)は、副交感神経を優位にさせ、気持ちが静まりリラックスすることができます。

②静水圧効果

お風呂に入った時に身体にかかる水圧を、「静水圧」と呼びます。
静水圧により圧迫された静脈やリンパ管が、お風呂から上がると解放されることで、一気に血流が良くなります。
また、脚は普段、重力に逆らう動きで血液を循環させるため、むくみや冷えが起きやすいですが、水圧で血管が細くなり、血液が心臓へと押しあがります。

全身浴は短時間で身体を活性させる反面、心臓や肺への負荷が大きくなりますが、半身浴は下半身だけに水圧がかかり、脚に滞っていた血液を全身に流すことができます。

③浮力効果

お風呂に入ると、浮力が働き身体が軽くなります。
関節への負担も軽減されるので、筋力が弱っていたり、痛みがあって動かしにくい箇所を、動かしやすくなります。
毎日の入浴で、少しずつ身体を動かし筋肉をつけていきましょう。

リラックスタイムにおすすめの入浴法

ぬるめにゆっくり半身浴

一日の疲れを取りたい。
ゆっくり眠りたい。

そんなときにおススメなのは、ぬるめのお湯の、半身浴
①温浴作用にあった通り、ぬるめのお湯につかることで、副交感神経が優位になってリラックス効果が得られます。38~39℃くらいのお湯につかりましょう。

また、②にある通り、お風呂の中では静水圧作用により、身体に圧力がかかります。首元まで浸かると、心臓に負担が大きいので、脇の下くらいまでの半身浴がおススメです。


15~20分ほど浸かると、身体への負担も少なく、全身がくまなく温まります。
就寝の1時間ほど前に入浴すると、ベッドに入る頃にちょうど体温が下がり、熟睡できます。
ぐっすり眠っている間に、日中に血液中に入った栄養分や酸素、睡眠中に分泌されるホルモンが末梢まで行き渡り、身体のメンテナンスが十分に行われます。

これはNG!な入浴法

◎熱めのお湯につかると…
熱めのお湯は交感神経を、ぬるめのお湯は副交感神経を優位にさせます。日本人が心地よいと感じるお湯の温度は42℃程度と言われていますが、寝る前に交感神経が活発になると、目が覚めた状態になり、寝つきが悪くなる原因になりますのでNGです。
また、血圧が急上昇し、身体にも負担がかかってしまいます。
特に高血圧の人は注意しましょう。

◎シャワーのみだと…
湯舟に入ると、温浴効果と静水圧効果により、体内の血液・老廃物などが流れやすくなるため、疲労回復効果があります。
シャワーだけで済ませてしまうと、その効果を得られないだけでなく、デメリットがさらに生じます。

シャワーだけでは、お湯は局所的にしか当たりませんが、なるべく温まろうと、ついつい温度を高くしてしまいがちです。
するとそれが刺激となり、交感神経を優位にしてしまうので、寝つきが悪く、睡眠が浅くなります。
また、体温を上げる習慣がないと代謝が下がる。太りやすい身体になってしまいます。血行も良くならないので、老廃物が溜まったり、薄毛の原因になったり、健康や美容にも悪影響です。


○○を加えたお風呂で血行改善!

皆さん、炭酸泉という言葉を聞いたことがありますか?

その名の通り、炭酸が溶け込んでいる入浴用のお湯のこと。
もう少し具体的に言うと、1リットル中0.25グラム以上の二酸化炭素が溶け込んでいる入浴用のお湯のことです。

お湯に溶けている炭酸ガスが肌の内部に浸透し、血管を拡張してくれます。すると血圧が下がり、血の巡りが良くなり、毛細血管の働きも活性化。
繰り返し入ることで、毛細血管が収縮と拡張を繰り返し、強くしなやかになっていく効果もあります。

血流が良くなることで、酸素や栄養も体内をしっかり循環するようになり、外傷の回復、むくみや便秘、薄毛、関節痛や糖尿病などにも効果があると言われています。
最近では、人口炭酸泉のある温泉も増えてきましたね。

また、家庭でも楽しめる炭酸泉の入浴剤が多数販売されています。

お風呂に入ること自体も、もちろん血行を良くし、毎日できる健康習慣ではありますが、それ以上に効果的な炭酸泉。
気になる方はぜひ、チェックしてみてくださいね。

朝晩の冷えが厳しくなっていくこの時期、寝る前にゆっくりお風呂に浸かり、1日頑張った自分へのご褒美タイム。半身浴で、リラックス&冷え対策をしてまいりましょう!

ページ上部へ戻る