レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【髪にいいシャンプーの見分け方】使うたび薄毛のリスクも。私のシャンプーは大丈夫?

薄毛改善の第一歩
シャンプー原料別3パターン

髪が薄くなってきた。細くなってきた。

髪の毛のことでお悩みなら、まず行動すべきは、毎日使うヘアケア材を変えること。
シャンプー・コンディショナー・スタイリング剤・ヘアカラー剤…
直接頭皮に触れるこれらのヘアケア材。含まれるケミカルな材料は、頭皮への刺激となり、薄毛・細毛を招く原因になります。特に、何よりも気を付けたいのが、使用頻度No1、地肌にもべったりと触れる、シャンプーです。

市販のシャンプー、匂いや見た目、値段で安易に選んでいませんか?

今回は、シャンプーを原料別の3パターンに分けてご紹介。
それぞれの特徴と、髪に良いもの・悪いものの見分け方をお伝えしていきます。


①高級アルコール系シャンプー

洗浄成分として、石油系合成界面活性剤を使用しているシャンプーです。

ドラッグストアに売られているシャンプーのほとんどがこれにあたります。
「高級」と聞くと、なんだかとても良いものを使っているような気になりますが、そういう意味ではありません。使われているアルコール分子の中に、炭素が6個以上含まれていると「高級アルコール」という言い方をします。

石油系合成界面活性剤の特徴は、『高洗浄・高浸透・高残留』。
洗浄力が強いため、シャンプーやボディーソープ、洗剤など、身の回りの様々なものに使われていますが、高い浸透性と残留性により、皮膚にとっての刺激が強いということにも留意が必要です。

シャンプーの場合、泡立ちも良く、スタイリング剤などもしっかり落とすことができますが、使い続けることで、頭皮のバリア機能を破壊していきます。
雑菌が増えたり、紫外線の影響を受けやすくなったり、また、頭皮に赤み・かゆみなど、炎症を起こしてしまうきっかけになります。

この石油系合成界面活性剤、安価に手に入るため、シャンプー自体もお手頃な値段で売られています。つい手に取ってしまいがちですが、髪の毛でお悩みならば、一番NGなのがこのシャンプーです。


◎見分け方…
成分表、「水」の次に「ラウレル硫酸ナトリウム」「ラウレル硫酸アンモニウム」「ラウリル硫酸ナトリウム」など、石油系合成界面活性剤の名前があったら高級アルコール系シャンプーです。

②石鹸系シャンプー


洗浄成分として、石鹸を界面活性剤に使っているシャンプーです。

特徴として、まず1つは地肌には優しいが洗浄力は高いということが挙げられます。
スタイリング剤を付ける人、また、脂をよく落とすので、頭皮が脂っぽい人におすすめ。逆に、乾燥がちな人にはあまり向きません。

次に、髪がゴワつきやすい、キシみやすいということ。頭皮が弱酸性なのに対し、石鹸系シャンプーは弱アルカリ性。使用すると髪がアルカリ性に傾き、キューティクルが開きます。そのため、洗い終わった後、キシみやゴワつきを感じることがありますので、特に髪が長い人などは、クエン酸リンスなど、酸性のリンスで中和させる必要があります。

石鹸系シャンプーは、毛穴の汚れをしっかり落としてくれるので、使い続けることで、頭皮を清潔に保つことができます。頭皮を清潔にすることで、匂いを抑えたり、薄毛対策にもつながります。


◎石鹸系シャンプーの見分け方…
成分表、「水」の次に「石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」などの成分が書かれていたら石鹸系シャンプーです。

③アミノ酸系シャンプー

洗浄成分に、アミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーです。

他の2つに比べて、刺激が少なく、頭皮に優しいのが特徴です。頭皮と同じ弱酸性であり、髪の毛や皮膚のタンパク質を構成するアミノ酸と同じ成分でできているので、傷んだ髪の修復効果もあります。
薄毛でお悩みならば、おススメなのはアミノ酸系シャンプー。石油系合成界面活性剤によるダメージがなくなるだけで、グンと頭皮環境が改善されます。

しかし、泡立ちや洗浄力はやや弱めなので、皮脂が多めの人やスタイリング剤をしっかり付けている人は、洗い残しやすすぎ残しによる、フケや痒みに注意が必要です。シャンプー前の「予洗い」と最後の「すすぎ」を、時間をかけてしっかりと行いましょう


◎アミノ酸系シャンプーの見分け方…
成分表、「水」の次に、「ココイルグルタミン酸」「ヤシ油脂肪酸」「ラウリン酸」「ミリスチン酸」「グリシン」などの成分が書かれていたら、アミノ酸系シャンプーです。

ここに注意!成分表記の魔法

薄毛にはアミノ酸系シャンプーがおススメです。
しかし、売っているものをよく見ると
アミノ酸配合シャンプー
というシャンプーを見かけます。
一見、アミノ酸系シャンプ―のように思えますが、これはあくまでアミノ酸系の界面活性剤を配合しただけで、メインが合成界面活性剤なのには変わりありません。
シャンプーを見分けるコツは、成分表で「水の次に来るもの」を確認することです。ほとんどの場合、水の次は界面活性剤が表記されます。
普段なんとなく選んでいる方、ぜひ裏の成分表をチェックしてみてくださいね。
自分が使っているのがどれか分からないという方には、こちらのサイトがおススメです。

◎シャンプー解析ドットコム
※クリックで飛びます

市販のシャンプーについて、成分と特徴を解析しています。
気になった方はぜひ、調べてみてくださいね。
髪の毛を大事にするため、まず見直したいシャンプー。
毎日使うものだからこそ、自分に合ったものをしっかりと見極めましょう!

アミノ酸系シャンプー取り扱い中

当店の発毛サロン、スーパースカルプ藤沢南口店より、アミノ酸系のスカルプシャンプーを販売しております。
◎スカルプシャンプー(女性用):5000円(税抜)
⇒乾燥が気になる方向け
◎スカルプシャンプー(男性用):5000円(税抜)
⇒皮脂が多めの方向け

スーパースカルプ藤沢南口店はこちら
※クリックでスーパースカルプ藤沢南口店の通販サイトへ飛びます

ページ上部へ戻る