レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【クレンジング対決】アクアヴィーナスVSディーバ、何が違うの?

 とにかく一度使うとお肌が喜んでいるのが分かるほどストレスフリーな、ドクターリセラの水溶性ジェルクレンジング。まず大前提として、成分は全て天然の植物由来。

奇跡のお水とも言われるαGriーX(アルファグリックス)という海洋深層水が基材となっているため、石油系合成界面活性剤をはじめ、パラベン、フェノキシエタノールなどの防腐剤や、不要な合成香料・着色料・鉱物油は一切入っていません。本当に奇跡のような化粧品なんです。

ドクターリセラのジェルクレンジングは2種類。
写真向かって左、青がアクアヴィーナスシリーズのクレンジング。
右のピンクは、2年前に発売されたディーバシリーズのクレンズです。
このふたつ、どこが違うの?効果はどうなの?
と、よーく聞かれますので、わかりやすく解説したいと思います。

テクスチャーの違い

「クレンジング」と一括りに言ってもオイル、ミルク、拭き取りなど様々な種類があります。お肌は千差万別。どれがいいというよりは自分の肌質や悩み、生活パターンに合った物を探すことが大事です。
なのでそれぞれの特徴を見ていきましょう。
一般的に使われるクレンジングはこの5種類です。

①シート系
洗浄力が高く、水で洗い流さなくてもふき取るだけで落ちるためカンタン。
高い洗浄力やシートの摩擦により、お肌への刺激が非常に強い。敏感肌の方は荒れてしまうことも。

②オイル系
洗浄力が高く、オイリー肌向けと言われている
強力な石油系の合成界面活性剤の割合が多いため、肌のバリア機能が壊され、乾燥や毛穴が開く原因になる。エステティシャンとしてはおすすめできない

③クリーム系
しっとり仕上がるので乾燥肌の方にも使える。
一方オイリー肌の方にはべたつく

④ジェル系
さっぱり洗いあがり、分厚く肌に乗り摩擦を軽減するため、肌負担が軽い。
ウォータープルーフは落としにくいためそこだけポイントクレンジングが必要

⑤ミルク系
負担が少なく、乾燥肌の方でも使える。
洗浄力は弱いのでしっかりメイクは落ちない、ナチュラルメイク向き。
「水溶性ジェルクレンジング」の名の通り、リセラのクレンジングは種類で言えばどちらも④のジェル系です。
ただ、そのなかでもテクスチャーに少し違いがあります。
アクアヴ
ィーナスの方はトゥルっとした軽い滑らかな感触ですが、ディーバの方はもっと重くどっしりした感じがあります。
ですので必然的に、ディーバの方がクレンジングをする際、ゆっくりとした動きになります。(無理に早く動かしてしまうとお顔の皮膚まで無理やり引っ張ってしまいたるみの原因になります)

ちなみにディーバのUVミルクという日焼け止めがありますが、こちらの日焼け止めは粒子が非常に細かく大変高密着ですので、アクアヴィーナスのクレンジングでは、Wクレンジングをしないと、一度では落ち切れていないような何かまだ残っている感があるんですよね。
でも、ディーバのクレンズでしたら一度のクレンジングですっきり落とせます。

成分の違い


また、ディーバのクレンズには特徴的な成分が配合されています。
サリックスニグラ樹皮エキス』といって、これはクロヤナギ(ヤナギ科の樹木)の樹皮に含まれる、天然のサリチル酸なんですが、ケミカルピーリングなんかにも使われるように、マイルドなピーリング効果があり、お肌をつや肌に導きます。
また、このエキスは天然の防腐剤としての効果もあります。(リセラさんは成分に石油系のものは絶対に使わないので!)
ディーバのクレンズは、クレンジングをしていると時々お肌からカスのようなポロポロがでてくるのですが、これは余分な老化角質がある時、またはある個所の時だけ出てきます。
決して取れすぎて皮膚がどんどん薄くなって行ったりはしないので安心してお使いくださいね!

私は、基本的にはアクアヴィーナスのクレンジングが大好きで、世界最強だと思っておりますが、ディーバのUVミルクをご愛用の方や、お肌がちょっとごわついているな、硬いな…と感じていらっしゃる方、またはADSの肌改善期間中で、シミの色素がしつこくてなかなか動かない方などは、一度ディーバのクレンズもお試しいただけたら、お気に召してくださるかもしれないです。(^-^)

どちらにも共通して言えるのは、天然の成分で優しく、でも毛穴の汚れまで浮かせて落としてくれるということ。
お化粧してない日にも使うことで、お肌に負担をかけず毛穴につまった皮脂を取り除くことができますよ!

使い方

使い方としては
①500円玉二個分のジェルを、濡れていない乾いた手に取って、そのまま体温で少し温める。
②力はこめず外側に円を描くようにゆっくりと顔全体になじませて、汚れやメイクを浮かせてから、水かぬるま湯でしっかりすすぐ。

特にこの時期、寒いからとお湯を使ってしまうと、皮脂膜としてお肌の表面をバリアのように保護してといる必要な皮脂まで洗い流してしまうので、お肌のツッパリ感やカサつきの原因になってしまうのです。
ぬるま湯でも十分汚れや過剰な皮脂を洗い流すことができますよ。

クレンジングの方法をもっと詳しく見たい!!というかたはこちらの動画をぜひご覧ください。(動画内で使っているのはアクアヴィーナスのクレンジングジェルです)クレンジングはスキンケアの基本中の基本。

うちの望月店長はよく「クレンジングに始まりクレンジングに終わる」とお客様に話していますし、私も「クレンジングを制するものはすべてを制す」などど、多少大袈裟なことを言ってお客様のクレンジングを見張っております(笑)

そのくらい正しいクレンジングは大切でございます。
汚れをきちんと落とすことで、後に使う化粧水や美容液の浸透もよくなります。

それぞれの成分を正しく理解していただき、ご自身に合ったクレンジングで美肌を手に入れましょう!!


◎ご紹介商品(画像クリックで通販サイトへ)
アクアヴィーナス クレンジング
150g 5000円(税抜)
500g 11000円(税抜)
ディーバ クレンズ

150g 6000円(税抜)
500 g  12000円(税抜)

ページ上部へ戻る