レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【スタッフインタビュー】「レイテノール」って、どんな職場ですか?


レイテノールでは、店舗拡大に伴い、一緒に働くエステティシャンを募集しております。
店長の望月と今年5月に入社した玉野に、入社のきっかけと入社して感じた働くうえでの面白さや難しさについて聞いてみました。

レイテノールと共に10年
店長望月から見たレイテノール

―――レイテノールに入ったきっかけを教えてください。
元々美容師を目指していて、専門学校にも通っていました。ですがアトピーで肌が弱かったため薬剤でひどい手荒れを起こしてしまったんです。なんとか学校は卒業したものの、そんな状態で美容師の仕事に就くのは難しく、美容の仕事を諦めて違う仕事に就くことになりました。
エステ業界に入ったのは30代になってから。知人の紹介がきっかけでした。何店か経験するなかでドクターリセラの化粧品と出会い、こんなにお客様を綺麗にする化粧品があるんだと、とても衝撃を受けたのを覚えています。
出会うきっかけとなった店からは色々あって転職を考えることになったのですが、「この化粧品でどこまで綺麗になれるのか、それを見届けたい!」と思い、同じドクターリセラを扱っていたレイテノールへ入社。気づけばもう10年が経ちました。

――お店の雰囲気はどうですか?
「人(接客)が好き」「美容が好き」という思いの強いスタッフが集まっています。
言ってしまえば「美容オタク」ですね(笑)
美容について語りだしたら止まりません。ですがそんなスタッフだからこその、話しやすくて和やかな雰囲気がお店全体にも広がっており、お客様にも伝わっているのだと思います。
皆様通い続けてくださるうちに打ち解けて、リラックスした様子で色々なことをお話ししてくださるようになります。

――レイテノールならでは!という特徴はありますか?
エステサロンと一括りに言っても、お店によって主義や使用しているもの、やり方の違いはありますし、他店で経験されている方でもまた覚えなおさなければいけないことは出てくると思います。
施術メニューには月ごとに代わるオリジナルのキャンペーンなどもある上、施術以外の業務も多いので、全てを覚えるまで皆入社してから丸1年はかかります。
こういった幅広い業務を覚えなければいけないというのは、もしかしたらレイテノールならではの難しさかもしれません。でも、他のスタッフもそのことは理解していますし、無茶な要求はしません。
一気に!なんて言わず、順番に習得してもらえるように教えていきますので安心してくださいね。
そして何よりレイテノールの一番の特徴として、この店では得意分野が「武器」になるんです。
会社が自分の好きなこと・やりたいことを伸ばすためのサポートをしてくれて、習得したものを自分の専門のメニューとして加えることができるので、自分の強みを持っている人、持ちたい人に向いているかもしれません。
私はコルギを用いた骨格小顔矯正のメニューを。美容師資格を持っている柳町はアイブロウメニューを導入したり、石井は痩身の知識・経験を生かして食事管理のオンラインカウンセリングなどをしています。
皆、個々にスキルアップするための研究や勉強を欠かしません。こうしたいな、と願ったものを、努力すればちゃんと叶えられる職場だと思います。 

――毎日の業務内容は?
定時は8:45~18:00です。子育て中のスタッフでも働けるように、営業時間はエステにしてはやや短めになっています。
出勤してから9:30まではお店の掃除、その後朝のミーティングをして、10:00にオープンです。施術は1日に多くて3~4施術。一番遅くて16:00スタートの枠まではお客様が入ります。
毎回決まった施術をするお客様もいらっしゃれば、来店されてから一緒に決める方もいらっしゃるので、その時々のお客様のお肌の状態を見て、施術や製品のご提案をしています。
その他の業務としては、担当したお客様のカルテを記入したり、レジ締め、マシン清掃など、毎日の店舗運営に関する事務仕事があります。
また、今年はADSのオンラインカウンセリングが始まったり、YouTubeを見てくださったお客様からお問合せをいただいたりとオンラインでのやり取りをすることも増えました。でも、パソコンに詳しくなくても全然大丈夫ですよ。

――どんなスタッフと働きたいですか?
言葉ではうまく表現できないのですが、一言で言えば「レイテノールっぽい人」ですね。
なぜエステティシャンという仕事をしているのか、という考えが似ている方に来ていただきたいです。
人が好きで、お客様を綺麗にしたい、もっと綺麗になってもらいたい!そういう思いは、手からお客様へ伝わるものであり、技術力だけが全てではないと思います。

YouTubeを見て入社を決意。
スタッフ玉野が奮闘した半年間

――レイテノールに入社したきっかけは?
それまでは、東洋式フェイシャルマッサージを施すエステサロンで勤務していましたが、働きながら、「お客様を本当に綺麗にすることができない」ということにもどかしさを感じていました。
どうすればいいのかと、肌改善について自分で調べていたところ、たまたまレイテノールのYouTubeを見つけたんです。自宅から通える距離にあったということもあり、スタッフ募集の動画が出たときに「このもどかしさを解消できるなら!」と、いてもたってもいられず面接に応募しました。
サロンで働いていたとは言え歴も浅くフルタイム勤務ではなかったので、40代からほぼ未経験での出発。しかも子育て中。私にできるのだろうかとも悩みましたが、それも含めて全て、スタッフの方たちと話をしてみようと決めました。

――入社してからの半年間はどうでしたか?
初めてのことばかりで、とにかく大変ではありました。
でも、入社していきなり全部やってとは言われません。少しずつ新しいことができるようになり、自分の中の引き出しも増えていきます。
周りのスタッフに業務を教えてもらいながら、お客様にも育てていただいているように思います。
お客様に何かをご質問されて初めて、自分もそのことについて詳しく知らなかったと気付き、気付いたことは学んで、を繰り返しています。
分からないことが多かったからこそ、絶対にやっちゃだめだと自分のなかで決めていたのが、お客様に言われたことを適当に流すこと、「多分」でお答えすることです。
自分を大きく見せず、正直にわかる範囲で対応し、「確認します」を怠らないこと。
お客様は綺麗になるためにいらっしゃっているという事を忘れず、真摯に向き合うこと。
たとえ初心者であっても、誠実な心はお客様へ伝わると思います。


――これからの目標を教えてください。
レイテノールのスタッフは、できない部分を指摘するばかりではなくて、自分がやっていることを見守り、困ったときには手を差し伸べてくれます。追い詰められるような感じがなくて、すごく働きやすいし、学びやすいです。
美容好きのスタッフの間で交わされるさりげない会話から、知識が刷り込まれるように自然に入ってきて、日々着実にできることが増えていくのを感じられます。
これからADSのカウンセリングなどができるようになったら、以前の私が感じていた「お客様を綺麗にすることができない」というジレンマを解消できるんだと思うと、それがすごく楽しみです。
「いてもらえてよかったな」と、お客様にも他のスタッフにも思われるようなエステティシャンになりたいです。

――転職をご検討中の方へメッセージ
いくつから始めたって、遅くないです!
年齢で諦めている方やお子様がいるから諦めている方、きっといらっしゃると思います。
でも、大切なのはやる気・根性・熱意・誠意。
これを持っていれば、レイテノールのスタッフはちゃんと教えてくれるし、見守ってくれます。
だから、諦めてしまうのはもったいないです。
ご興味を持たれた方は、ぜひまず話を聞きに来て、そして思いをぶつけてほしいと思います!
お待ちしてます!


◎採用に関するお問い合わせはコチラ
応募フォーム:【https://raytenor.jp/recruit02/
―――お気軽にご相談ください―――
MAIL:【fujisawa@raytenor.jp
TEL:【0120-189-440】






ページ上部へ戻る