レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【眉美人のすすめ】ポイントは「毛の流れ」。眉メイクにひと手間加えて印象ガラリ!

メイクの鍵は眉毛にあり!

毎日のメイク。
楽しい日もあれば、急いでいて手を抜きたくなる日もあります。
メイク次第で気分が変わる日もあれば、気分に左右されてメイクがいつものようにいかない日もあります。
私たちの生活とメイクは、なかなか深ーい関係にあるのではないでしょうか。
勝負メイクでもオフィスメイクでも、時短メイクでも、手抜きメイクでも、ベースメイク以外で一番重要なもの、力を入れるものはなにかな、とふと考えてみました。

どんな時でも絶対にこれだけは欠かせない!!というもの。
人それぞれかもしれませんが、色々考えた結果、思い浮かんだのは

眉毛

メイクをするとき、いくらアイメイクがばっちり決まっても、眉毛に何もしていないままだと、「メイクしている感」が薄れてしまいます。
逆に、アイメイクはしていなくても眉毛だけしっかりしていれば、顔がはっきりしてくるんです。

特に昨今、マスクをしていて眉毛と目元しかほぼ見えていないまま外に出たり、人に会うという機会も多いですよね。
お顔の印象を決める重要な役割をしている、眉毛。
本日は、なりたい印象を簡単に作れる眉メイクのテクニックをご紹介します!

梳かし方を変えて
印象チェンジ

自然だけど綺麗めに眉毛を整えるとき、大切なことはなんでしょうか。

馴染む色を使うこと、細めに、もしくは太めに書くこと、ペンで書き足すこと。
色々あると思いますが、今回お伝えしたいのは「毛の向き」です。
眉毛の向きや梳かし方によって、実は印象が全然変わるんです!

まずはNGな眉毛。

毛の流れがバラバラです。ボサボサで、雑な感じが出てしまっていますね。
スクリューブラシを使って眉毛を梳かし、整えていってみましょう。

まずは眉頭の部分から立ち上げるように梳かした場合。
はっきりとしていて、キリっとハンサムな印象になりましたね。

次に、全体的にアーチを描くように梳かしてみます。

丸みを帯びたフォルムで、柔らかく、女性らしい印象になりました。

なりたいのはどんな眉?

今日の自分に聞いてみてください。
どんな印象を作りたい?
どんな眉毛になりたい?

眉メイクをする前に、まずしっかり梳かして毛の流れを整えることで、眉山の位置も分かり、メイクしやすくなります。
基本の梳かし方だと眉頭は上に、眉中は横に、眉山~眉尻は斜め下にという流れを作ることが多いですが、このようにひと手間加えて毛の向きを変えることで、印象も簡単に変えることができます。

ハリウッドの女優さんたちの最近の写真を見てみると、最近のトレンドなのか、上向きのハンサム眉の方が多いようでした。
眉毛の向き一つとっても人気や流行りがあるんですね。

太さを変えたり、色を変えたり、形そのものを大幅に変えるとなると、普段のメイクと方法が変わってしまって少々手間や時間がかかるもの。
ですが、毛の向きだけならサッと変えることができますね!
その日の気分や服装などに合わせて、ぜひ試してみてください^^

記事監修:
レイテノール ビューティーアドバイザー 
アイブロウリスト
柳町実夢

お問い合わせはコチラ:
TEL:0120-189-440
MAIL:fujisawa@raytenor.jp

ページ上部へ戻る