レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【育毛の第一歩】超・大事!髪と頭皮に良いシャンプーはこれで見分けましょう。

市販のシャンプーは
髪に悪いの?

先日、お客様とシャンプーについて色々とお話をする機会がありました。

お客様自身は、当社で扱っている「スカルプシャンプー」をお使いいただいていて、ご家族は市販のシャンプーをお使いだそうです。
お悩みはというと、自分の使っているものは安心だけど、市販のものを使っているご家族の髪や頭皮はダメージを受けてしまっているのではないかということ。
そうやってご家族の健康を気遣う気持ち、すごくうらやましいなあなんて思いながらお話しをしていました。

育毛するためには、シャンプー選びは欠かせません。毎日頭皮にべったり触れるものですから、できるだけ低刺激で良い成分の入ったものを使いたいですよね。
当社で扱っているシャンプーはその点安心してお使いいただけるものですが、じゃあ市販のものが全て良くないものなのかというと、もちろんそんなことはありません。
大事なのは、シャンプーに使われている成分と、それがどう頭皮や髪に影響を与えているのかを知ること。
今回はシャンプー選びのために必要な、成分に関する知識をお伝えしていきます。

シャンプーの質は
成分表で判断すべし!

ドラッグストアやコンビニ、ネットなど、シャンプーはどこでも手に入れることができますよね。
皆さんのシャンプー選びの基準はなんでしょうか?
キレイな女優さんがCMをしているから、ボトルのデザインがかわいいから、いい香りがするから、という感じかもしれません。

以前の私もそうでした。最近のは特におしゃれなデザインをしていて、ついついほしくなっちゃいますよね。

ですが、髪の毛のことを考えるならそればかり気にするのはキケンです。

注目すべきは、真っ先に目を通すべきは成分表!!

ぜひ、今使っているシャンプーの成分表を見てみてください。


ほぼ100%、最初に記載されているのは「水」ではないでしょうか。
え?って思われるかもしれませんが、実はシャンプーの主成分は水だったんですね。

大事なのは2番目、「水」の後に記載されている成分です。
2番目に書かれているのが「界面活性剤」と呼ばれる成分で、シャンプーの洗浄成分の正体です。

界面活性剤は、本来混ざりにくい水と油を結び付け、ものに付着した油汚れを落とす働きをします。皿洗いの際、水だけでは取れないヌメリが洗剤を使えばあっという間に落ちたりしますよね。それが界面活性剤の力です。
シャンプーでは油に似た性質を持つ皮脂や汗、微細な角質を落とす役割をします。

使用される界面活性剤の種類によって、シャンプーは3つの種類に分かれます。
それぞれ価格帯や特徴、刺激の強さが違いますので、1つずつ見ていきましょう。

洗浄成分で読み解く
隠された特徴

①高級アルコール系シャンプー
界面活性剤は
・ラウレス硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸アンモニウム
・ラウリル硫酸アンモニウム など

「高級アルコール」というのは、入っているアルコール分子の特徴を指しているだけで、値段的な高級という意味ではありません。
これらの界面活性剤は、とても洗浄力が高く原価も安いので、ほとんどの市販シャンプーに使われています。
使用感も良く、ワックスなどのスタイリング剤もしっかり落としてくれますが、洗浄力が高い分頭皮や髪への刺激も強くなります。

➁石けん系シャンプー
界面活性剤は
・石けん素地
・脂肪酸ナトリウム
・脂肪酸カリウム など

石けん系シャンプーは、その名の通り「石けん」でできているシャンプーです。低刺激でもしっかりと洗浄力があります。本来弱酸性の髪の毛をアルカリ性に変え、軋むことがありますので、専用リンスで中和して使います。

③アミノ酸系シャンプー
界面活性剤は、
・コカミドDEA
・ラウリン酸
・ココイルグルタミン酸 など

これらの成分は皮膚への刺激が弱く、頭皮改善してくれるものです。
このほかに、ミリスチン酸、グリシンといった成分が記載されているものもアミノ酸系にあたります。
洗浄力は弱いですが、低刺激で適度な洗浄料が頭皮の状態を整える役割をします。アミノ酸の働きにより、傷んだ髪のリペア効果も期待できます。
一見アミノ酸系に見える「アミノ酸配合シャンプー」というものもあり、こちらはアミノ酸系界面活性剤も入っているがメインは高級アルコール系の界面活性剤ですので、注意してください。

ちなみに、スカルプシャンプーは2番目が「ココイルグルタミン酸」。アミノ酸系シャンプーです。

3種のシャンプー
使い分けのすすめ

高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系、それぞれの特徴を知り、自分に合ったものを選びましょう。

高級アルコール系は「高刺激・超高洗浄」
値段的にも種類的にも手軽で使用感が良いのが売り。
しかし洗浄力が強すぎるため、頭皮に必要な皮脂まで洗い流し、抜け毛やかゆみ、皮脂の過剰分泌などを引き起こすことがあります。
刺激性の強い成分を配合しているので、肌の弱い人にはお勧めしません。抜け毛や薄毛など、頭皮悩みのある方も、毛根や毛髪が弱っている可能性が高く、使用することで悪化してしまいますのでお勧めできません。

石けん系は「低刺激・高洗浄」
化学的な原料が入っていないので安全で環境にも優しい、だけどしっかり洗いあがります。
石けん系は「皮脂」に対して特に洗浄力が高いので、頭皮が脂っぽい人にはサッパリ感じるかもしれませんが、逆に乾燥している頭皮には向いていません。

アミノ酸系は「低刺激・低洗浄」
最も低刺激で、髪質改善もできるので、頭皮・髪のことを気にする方にお勧めのシャンプーです。
薄毛に主成分のアミノ酸は毛髪を構成するタンパク質を作るうえ、体の構成にも重要な物質ですので髪だけでなく全身の肌にも優しいので、背中ニキビなどの肌トラブルを起こすリスクも低くなります。
洗浄力が弱いので、皮脂が多めの方やスタイリング剤を付けている場合は、シャンプー前後の予洗い・すすぎをしっかり行ってください。

自分にとって
ベストな選択を!

シャンプー選びで大事なこと。

①成分表の「2番目」に書かれているのが洗浄成分。
➁洗浄成分によって、「髪や頭皮への刺激」が違う。
③育毛のためには「刺激が少ないもの」を使う。

やはり、一番のおすすめはアミノ酸系シャンプーです。少し効果ですが、髪の毛のことを考えるのであれば一番いいと言えると思います。

今は、スマホで何でも調べられる時代になったので、ご購入前にシャンプーの裏の成分表を調べることができますよね。
ご自身で納得していいシャンプー選びをしてください。

健康で元気な髪を育てましょう!

記事監修:
スーパースカルプ藤沢駅南口店
発毛技能士 谷 潤一

お問合せはこちら:
tel:0120-315-236
mail:info@raytenor-hair.com

ページ上部へ戻る