レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【脱・マスク荒れ】天然素材100%の美肌マスクで夏を乗り切る!

記事監修:杉山奈津子

前回、マスクの蒸れによって起こる肌トラブルの原因と対策についてご紹介させていただきました。
肌は通常の弱酸性の状態であれば美肌菌とも呼ばれる表皮ブドウ球菌が優位になり、健やかに保たれます。
しかし、マスクをしたまま汗をかいたり、蒸れた状態になることで、弱酸性からアルカリ性に傾きます。アルカリ性になると、肌トラブルの元となる黄色ブドウ球菌が優位になり、吹き出物などを引き起こすということでした。

また、マスクの素材も肌荒れを悪化させる一要因になる場合があります。
特に不織布は気密性が高く蒸れやすかったり、素材自体に化学薬品などが使われており、それが刺激になっていることもあります。

マスクトラブルを防ぐため、スキンケアと並んで大事なのがマスク選びです。

今回は、天然成分でできた肌に優しい「竹布マスク」をご紹介していきます!

竹の恵みが詰まった
100%天然素材

竹布は、竹の持つパワーに着目した開発者が、これを繊維にできないかと研究に研究を重ねて完成させた特許取得済の再生セルロース繊維です。
竹を繊維化してできていますので、原料はもちろん竹100%
竹の特徴である抗菌・消臭・制電・吸湿吸水・温熱という5つの効果を備えた天然素材です。

特に昔から竹筒にご飯を詰めたり、竹の皮でおにぎりを包むと腐らないと言われていました。竹はそれくらい強い抗菌力を備えており、竹繊維の抗菌力を試すテストでは、使用した4万個の菌が全て死滅するという驚異的な結果となったそうです。
竹布でできた靴下やシャツ、下着などは菌が繁殖しづらいため長時間身に付けても、1週間洗わなかったとしても一切匂わないほどだと言われています。

また、竹布は吸水力にも優れています。
綿繊維は中が空洞になっているため中に水分をため込みやすく、菌やカビが繁殖するもととなりますが、竹繊維は中が詰まっていて表面に無数の溝があるため、綿の2倍の水を吸い、かつ乾きやすいという特性があります。

抗菌力や速乾性でいうと、今は化学的な成分でも似たような効果のものがたくさんありますが、肌に触れるうえで天然素材100%、アレルゲンとなるような化学物質は一切使用しておらず、生地がなめらかで摩擦が少なく赤ちゃんでも安心して使えるというのはとても魅力的ですよね。
メーカーさんでは、竹布を使った衣類やタオルなど多種の製品が販売されています。

肌に優しいマスクで
脱・マスク荒れ!

そんな素晴らしい竹布で作られているのが、この「竹のうるおいマスク」です。
当店では3色扱っております。(1枚 税込1,100円)

抗菌作用によりマスク内の雑菌繁殖を防ぎ、乾きやすくて蒸れにくく、触り心地もとてもなめらかで肌への刺激が非常に少ないマスクです。
昨年は品薄で手に入れることが困難でしたが、今では通常通り買うことができるようになりました。
梅雨に入り、蒸し暑さが増していくこれからの季節。

繰り返しますがマスク荒れを防ぐのに大事なのは、マスク選びと丁寧なスキンケアです。

そしてさらに日中できることとして、汗をかくと肌がアルカリ性に傾きやすくなるので、汗をかいたままマスクの中を蒸らさず、こまめに拭くこと。そして外せる場所ではマスクを外し、自然の風に触れること。

withマスクな夏、肌に優しいグッズとケアで、最大限快適に過ごしてまいりましょう!

【竹のうるおいマスク商品ページ】


記事監修:
レイテノール オーナー
杉山奈津子

お問い合わせはコチラ:
tel:0120-189-440
mail:fujisawa@raytenor.jp

ページ上部へ戻る