レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【シミ対策】私に必要な美白成分って?アプローチ別3種のケア

監修:杉山奈津子

できたシミを薄くするには?

気になるシミ。
とくに、シミを作る原因となる紫外線が強いこの時期は、日焼け止めでどんなに予防しても心配になることがありますよね。

一度できてしまったシミを薄くしていくためには、色素を排出して、美白していく必要があります。
美白用の化粧品というのもたくさんありますが、美白と一言で言っても、実は、成分によってアプローチが3種類に分かれるんです。

○予防美白
シミの原因であるメラニン色素を生成させないようにする
○還元美白
ついた色を薄くする
○代謝美白(排出美白)
ターンオーバーさせてメラニンを排出させる

シミを作らせない予防美白、薄くしていく還元美白、追い出す代謝美白。
このうちのどれか1つに集中するのがいいのか、あるいは2種類、3種類と組み合わせて同時に行うのがいいのかというのを、自分の肌に合わせて見極めることが大切です。

3種のシミ対策成分

一つ目の予防美白から見ていきます。
ドラッグストアなどに売っている「シミ予防」「美白美容液」と謳う化粧品というのは、ほとんどが予防美白の化粧品です。

代表的な成分として挙げられるのがアルブチンプラセンタ、そして言わずと知れたビタミンC
これらは、メラニン生成に必要な酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害して、シミが作られるのを防ぎます。

続いて還元美白
ついてしまった色を薄くしていくのは、簡単なことではありません。
代表的な成分は、世界最強の漂白剤ともいわれる強い美白成分、ハイドロキノンです。メラニンを還元し、取り除いていく効果があります。まだ市販品としては認可されておらず、ドクター処方の化粧品にしか入れられない成分です。

また、ビタミンCのなかでもAPPSと呼ばれる進化型ビタミンCは、従来のビタミンCの100倍以上もの浸透力を持ち、色素を還元する力があります。

最後に代謝美白
皆さんが大好きなレチノールもこれに分類されます。
肌の細胞を活性させ、新陳代謝を促してメラニン色素を排出していきます。
レチノールだけでシミが改善する方もいますが、細胞活性するので、朝ガンガン塗ったりするとメラノサイトも活性してシミが余計濃くなることもあるので、使う際は夜だけにしましょう。

シミの原因を
作らせない残さない!

中でも一番手が出しやすい成分と言えば、やはりビタミンCでしょうか。
また、プラセンタはインナーケアとしてドリンクタイプでも多種販売されていますが、細胞を活性する作用があるため肌の新陳代謝も促進されます。
まだまだ日差しの強い時期が続きますが、何よりもまず、肌にシミのきっかけを与えないためにも紫外線ケアを入念に行い、予防美白でダメージを溜めこませないこと。摩擦などの刺激にも要注意です。
そのうえで、できてしまったシミを美容液やインナーケアを使って根気よく改善をしてまいりましょう!

ADSにはハイドロキノンが含まれる製品もございます。
世界最強の漂白剤…気になる方、ADSをお考えでしたらぜひ、お問い合わせくださいね♪


記事監修:
レイテノール オーナー
杉山奈津子

お問い合わせはコチラ:
tel:0120-189-440
mail:fujisawa@raytenor.jp

ページ上部へ戻る