レイテノール・ボーテ

Raytenor*Beaute

【四季と肌】季節の変化は肌にどう影響するのか~秋編~

監修:杉山奈津子

季節の変わり目は
お手入れの変わり目

今年は9月1日に大雨が降ったかと思えば、それっきりずーーっと天気が悪く、残暑もなく一気に季節は秋モードになりましたね。
夏が大好きな若者たちには少し寂しい気持ちでしょうね~。

実は世界的にみても、日本ほど春夏秋冬がはっきりしている国は珍しいと言われています。3か月ごとに変わりゆく気温や湿度、そして紫外線量。
季節の特徴とそれらが肌にどう作用していくのか、という研究が日本では他国に増して、以前から真剣に深く研究されてきました。
ですので、日本はスキンケア用品のテクノロジーがとても進んでいるんですよね。
 
さて、季節は秋です。
今はまだ少し蒸し暑い日が続きますが、9月中盤以降、ある日一気に空気が軽く感じられる日がやってきます。
サーーーっと風が通り抜け、空が高く感じられますよね。
このあたりから、空気中の水蒸気量を表す「絶対湿度」(1立方メートルに含まれる水蒸気の質量〈g〉)がぐんと低くなってきます。

そしてそこからは日一日と冬に向かうことになります。
 

秋ならではの
お手入れの課題

そこで、この秋にやっておきたいスキンケアの重点課題は、夏のダメージ回復」「柔軟なお肌を作っておく」この2点になります。

夏はどんなに頑張ってUV対策をしても、一生懸命美容液をつけても、どうしたって少なからず強烈な紫外線の打撃を受けているものです

外に出れば強烈な日差し、建物の中はガンガンに効いたクーラー、マスク内は汗とメイクが入り混じった状態で長時間蒸し風呂放置・・・
と、これだけ書いただけでも「私のお肌、過酷やな~・・・」って気の毒になりますよね。トホホ。。。
 
肌表面を見てみると、最前線でお肌を守り続けてる角質層がダメージを受けてごわついています。
皮脂も酸化し、活性酸素が充満しています。
マスク内は細胞間脂質(セラミド)がふやけて少しづつ失われることで、毛穴が開きほうれい線などのしわも以前より目立つようになっているのではないでしょうか?
 
この状態で最もお肌にとって過酷な季節「真冬」を迎えると、乾燥と血行不良でただでさえ肌表面に栄養がいきわたらないところに持ってきて、ダメージを回復しきれていないお肌はさらに追い打ちをかけられて一気にエイジング=老化が進むと言われています(T-T)

実践!秋のお手入れ

ですので、アンチエイジングには秋のお手入れが最も重要だと考えられています。正しいケアでいつもより丁寧なスキンケアをしていってくださいね

レイテノールの秋のイチオシはこちらのケアです!!

ステップ① 
固くなった角質層を優しくオフする。
週に2回プラチナピールを使用

ステップ②
肌別にスペシャルパックでケアする。
*脂性肌さんはモロッコクレイパック
*くすみが気になる方はホワイティパラオパック
*肌に弾力が無いな、と感じている方は炭酸パック
*うるおいとツヤ感が欲しい方はスーパーホワイトマスク
 
 
ご自身のお肌タイプが分からない方は、担当のエステティシャンにお尋ねくださいませ。
きっとパックのことめっちゃ熱く語ってくれると思いますよ。(^ー^)
また、いつもレイテノール通販をご利用くださるお客様もレイテノールの大切な顧客様ですので、店舗に来ることが出来なくても、ラインなどでご相談くださいましたら業務の合間にお返事させて頂きますね。
 
 


記事監修:
レイテノール オーナー
杉山奈津子

お問い合わせはコチラ:
tel:0120-189-440
mail:fujisawa@raytenor.jp

ページ上部へ戻る